ベースメークは手順が大切

ベースメークでまず大切なのは、素肌を整えることです。 肌の調子でメークののりが変わってきます。 そのため、まずは化粧水や美容液、乳液をよく肌に浸透させることが大切です。 特に化粧水はたっぷり使えば使うほど肌に潤いが出ます。 たっぷり化粧水を染み込ませ、美容液や乳液もマッサージしながら肌になじませ、きちんと肌に染み込ませるために少し時間をおきます。

化粧水や美容液、乳液が肌に染み込んだら、化粧下地をつけます。 乳液が化粧下地も兼ねていることもありますが、もしそうでなけれな、しっかり下地をつけることで化粧崩れをおさえることができます。 また、化粧下地は肌に均一に塗ることも大切です。

次はファンデーションです。 TゾーンやUゾーンは皮脂分泌が多いですし、目や口も皮膚がよく動く場所で化粧崩れを起こしやすく、化粧崩れが起きやすいので薄く塗ることが大切です。

ベースメークの最後はフェイスパウダーです。 ファンデーションのあと更にフェイスパウダーをつけることで化粧崩れを更に防げます。 ベースメークの手順をしっかり守り、化粧崩れを防ぎましょう。